れいちぇ

お悩み解決・ライフハック・まとめ記事

セッションの先生役 J・K・シモンズについて知っておくべき5つのこと

キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!!

J・K・シモンズが第87回アカデミー助演男優賞を受賞しましたー!!おめでとー!!

というわけで、J・K・シモンズ緊急特集!!

キチガイまたは鬼畜映画と噂の『セッション』

スポンサーリンク

 

J・K・シモンズの基本情報

プロフィール

本名:Jonathan Kimble Simmons(ジョナサン・キンブル・シモンズ)

出身地:アメリカ合衆国ミシガン州デトロイト

生年月日 :1955年1月9日(60歳)※2017年現在62歳

家族:1996年に女優 Michelle Schumacherと結婚。2人の子供を持つ。

J・K・シモンズの経歴

ミュージカル・オペラ・テレビドラマ・映画

モンタナ大学で作曲を学び、シアトルレパートリー劇場(Seattle Repertory Theatre)に参加。

1992年にはブロードウェイにてミュージカル『ガイズ&ドールズ』に出演、1994年にはオペラにも出演した。

 

テレビ出演も非常に多く、『ER緊急救命室』『LAW & ORDER:性犯罪特捜班』『LAW & ORDER:クリミナル・インテント』『NIP/TUCK マイアミ整形外科医』『FBI 失踪者を追え!』『NUMBERS 天才数学者の事件ファイル』『ザ・ホワイトハウス』などにゲスト出演している。

 

2004年『平成狸合戦ぽんぽこ』青左衛門役で英語吹替を行う。

 

2014年の映画『セッション』で厳格な音楽教師を演じ、「2014年公開の映画の中で、最も記憶に残った演技」と絶賛された。

J・K・シモンズの受賞歴

『セッション』で助演男優賞総ナメ

  • アカデミー賞
  • ゴールデン・グローブ賞
  • 英国アカデミー賞
  • African-American Film Critics Association (AAFCA)
  • Alliance of Women Film Journalists
  • オースティン映画批評家協会賞
  • オーストラリア芸術祭
  • Awards Circuit Community Awards
  • Behind the Voice Actors Awards(ノミネート)
  • ボストン映画批評家協会賞
  • 放送映画批評家協会賞
  • セントラル・オハイオ映画批評家協会賞
  • シカゴ映画批評家協会賞
  • Chlotrudis Awards(ノミネート)
  • ダラス・フォートワース映画批評家協会賞
  • デンバー映画批評家協会賞賞
  • デトロイト映画批評家協会賞
  • フロリダ映画批評家協会賞
  • ジョージア映画批評家協会賞
  • Houston Film Critics Society Awards
  • インディペンデント・スピリット賞(ノミネート)
  • インディアナ映画批評家協会賞
  • インターナショナル・シネファイル・ソサエティー賞(ノミネート)
  • 全米映画批評家協会賞
  • ラス・べガス映画批評家協会賞
  • ロンドン映画批評家協会賞
  • ロサンゼルス映画批評家協会賞
  • ニューヨーク映画批評家協会賞
  • New York Film Critics, Online
  • North Texas Film Critics Association, US
  • オンライン映画批評家協会賞(ノミネート)
  • パームスプリング国際映画祭
  • フェニックス映画批評家協会賞
  • サンディエゴ映画批評家協会賞(ノミネート)
  • サンフランシスコ映画批評家協会賞(ノミネート)
  • Santa Barbara International Film Festival
  • サテライト賞(ノミネート)
  • 全米映画俳優組合賞
  • セントルイス映画批評家協会賞
  • トロント映画批評家協会賞
  • Utah Film Critics Association Awards
  • バンクーバー映画批評家協会賞
  • Village Voice Film Poll
  • ワシントンDC映画批評家協会賞

J・K・シモンズの“ハンパない鬼畜ぶり”

Oz: Complete Seasons 1-6 [DVD] [Import]

『OZ/オズ』の白人至上主義者 ヴァーノン・シリンガー

J・K・シモンズといったら『JUNO/ジュノJUNO/ジュノ』のお父さん役や、『スパイダーマンスパイダーマン』の編集長役を思い浮かべる人も多いのではないでしょうか。 

しかーし!J・K・シモンズを代表する役といえば、確実に『OZ/オズOZ/オズ』のヴァーノン・シリンガーなのです。

 

冷酷無比でサディスティック。

新入りの囚人をレイプし、その囚人に鍵十字の焼印を入れ、最終的にはその囚人の子どもの手を手首から切り取り、この囚人に送りつけるという・・・極悪非道な鬼畜ぶり!!

 

白人至上主義者で黒人や有色人種を毛嫌いし、ドラッグを憎む(←なぜかここだけ潔癖)

オズワルド刑務所の中でも一、二を争うほどの悪魔だったシリンガー。

 

『セッション』ではフレッチャーという悪魔に生まれ変わるのですね。

ああ・・・やっぱり鬼畜が似合う。

まぁ、そうは言ってもフレッチャーは教師ですからね。

低音の声が威厳のある役柄にはハマると思います。

 

OZ/オズについて

『OZ/オズ』はアメリカでは1997年から2003年にかけて放送された刑務所を舞台にしたドラマです。

日本ではSuper! drama TVにて2001年から2005年まで放送。

国内版DVDは未発売。

輸入盤は無修正ですので、これはこれで楽しめる要素アリ。

ニコニコ動画にて『OZ/オズ』日本語吹替版が鑑賞可能。

OZ(シーズン1・2) ‐ ニコニコ動画:GINZA

OZ(シーズン3・4) ‐ ニコニコ動画:GINZA

OZ(シーズン5・6) ‐ ニコニコ動画:GINZA

オズワルド刑務所 -ニコニコ動画:GINZA

何はともあれ

4月17日公開の『セッション』をお見逃しなく!!

※ 追記:『セッション』のDVD&ブルーレイ、2015年10月21日発売!

Amazonビデオで今すぐ観賞可能!

 

【関連記事】