れいちぇ

お悩み解決・ライフハック・まとめ記事

お金持ちの考え方・貧乏人の考え方

貧乏人と自由人と大金持ち

 

スポンサーリンク

 

貧乏・中流・上流・自由人・大金持ち

サバイバルゲーム・1日思考

年収150万円以下。

『1日思考』の人は、大体毎日ぎりぎりで生きている状態。日払いが好き。自由な時間が好き。「今、自由な時間を持ちたい」という思いのせいで、結局自由な時間を持てなくなっている。今、この瞬間の自由が欲しいから、お給料を少しでも早くもらえるのが好き。月払いではなく、週払いや日払いを好む。少しでも働いたら、少しでも早く報酬がほしい。この人たちは待つことができない。待つことよりも、今日お金をもらえることの方が確かなような気がして、そういう仕事を選択してしまう。大きな夢よりも今日どうしようか、今の生活をどうしようかということに振り回されている。それが『1日思考』の人たち。

下流貧乏・1週間思考

年収150万円~300万円。

昔と違って下流貧乏でも普通に生活できる。100円でも買えるようなものがどんどん増えてきているから、バブル時代とは違い、150万円~300万円の年収でも案外普通に暮らせてしまう。いいか悪いかは別として、ここにいる人たちは、だいたい『1週間思考』で生きている。

中流貧乏・1ヶ月思考

年収が300万円~1000万円。

自分が何か学習したり技術を学んだら1ヶ月以内に効果や結果が出てほしい。働いたら1週間か、少なくとも1ヶ月以内に報酬を受け取りたい。待てるのは最長でも2ヶ月まで。月末締めの翌月払いのような月給制が好き。中流貧乏の人は今勉強していることや、今やっていることのリターンが、1ヶ月以上かかるともう待てない。我慢できなくなって、今すぐ逃れたくなる。夢がどんどん遠い話になっていくのが『1ヶ月思考』。

上流貧乏・1年思考

年収1000万円~3000万円。

月給ではなく年棒というものを意識するようになる。会社の役員は年棒制。年棒になると去年の成績が今年の報酬になる。だから1ヶ月毎に何をしようかというよりも、1年間でどれだけやったかという「1年」をベースとした思考になる。実をいうと1年思考の人たちは、収入的には納得していて、あまり文句がない人も多い。ただし、この人たちはメチャクチャ忙しい。

自由人・10年思考

自由人。年収3000万円~5000万円。

この人たちは、自分が今やっていることへの報酬は10年後に受け取れる、ということをわかっている人たち。10年思考は、お金のことだけではない。今成功している人たちの多くは、10年前からそれをやってきた。10年待てた人が自由を得る。お金を得る。そして自信も手にする。 

大金持ち・50年思考

年収5000万円以上の大金持ちになると、『50年思考』に入る。

自分が生きている間には終わらないかもしれない事業をやっている人たち。50年後の未来を作りたい人には、多くの人が力を貸してくれるようになる。だからレバレッジがかかり、もっと多くの人が応援しようとするようになる。50年思考の人は、自分の人生が自分自身のためだけではなく、それ以上の人たちのものになっている。

 

人は1年でできることを過大評価しすぎる。

そして10年でできることを過小評価しすぎる。

アンソニー・ロビンンス