れいちぇ

お悩み解決・ライフハック・まとめ記事

【葉加瀬太郎完全監修】現役東大生・京大生が選んだスゴイ音楽家ベスト25【Qさま】

すごい壁ビッグ音楽ノートウォールステッカーを引用Music is What Feelings Sound Like

『Qさま!!』にて“現役東大生・京大生が選んだスゴイ音楽家ベスト25”が発表されていました。

 

スポンサーリンク

 

東大生・京大生が選んだスゴイ音楽家ベスト25

25位:カラヤン(1908年~1989年)

ジュール・マスネ: タイスの瞑想曲

ジュール・マスネ: タイスの瞑想曲

  • Michel Schwalbe, ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団 & ヘルベルト・フォン・カラヤン
  • ポップ
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes
  • オーストリア出身「楽壇の帝王」と呼ばれ、カリスマ指揮者の元祖とも言うべき存在
  • 世界一のオーケストラとも言われるベルリンフィルハーモニーの終身常任指揮者
  • 親日家であり、何度も来日を果たしている
  • 特徴は、指揮の最中「必ず目を瞑ること」
    →演奏者に自分の音楽を邪魔されたくない
  • カラヤンと同時代に活躍した指揮者にはアメリカの巨匠・バーンスタインがいた(バーンスタインは全員と目を合わせながらアグレッシブに指揮をするのが特徴だった)
    互いにライバルとして切磋琢磨していたという

24位:ヨハン・シュトラウス2世(1825年~1899年)

ヨハン・シュトラウスII世: ワルツ《美しく青きドナウ》作品314

ヨハン・シュトラウスII世: ワルツ《美しく青きドナウ》作品314

  • ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団 & ヘルベルト・フォン・カラヤン
  • クラシック
  • provided courtesy of iTunes
  • オーストリア出身の作曲家で「ワルツ王」
    ワルツ(3拍子)など600曲以上作曲
  • 当時のダンスホールは生演奏だったため、一晩6~7ヵ所かけもちするほど大スター
  • 過労で倒れ、弟らが替え玉したほど!
  • 市民にダンス・ミュージックを拡大
  • シュトラウス家は代々音楽家だった

23位:エルガー(1857年~1934年)

エルガー: 威風堂々 第1番

エルガー: 威風堂々 第1番

  • ジェイムズ・ジャッド & ニュージーランド交響楽団
  • クラシック
  • ¥150
  • provided courtesy of iTunes
  • イギリス出身の世界的作曲家
  • 愛国的な行進曲を多く作り「威風堂々」はイギリスの「第二の国歌」とも言われる
  • 夏の音楽祭「プロムス」では最終日に「威風堂々」を合唱

22位:ラヴェル(1875年~1937年)

ラヴェル:ボレロ

ラヴェル:ボレロ

  • フランス国立管弦楽団 & エリアフ・インバル
  • クラシック
  • ¥150
  • provided courtesy of iTunes
  • ドビュッシーと双璧をなすフランスの作曲家
  • 「ボレロ」は53歳時に作られた少し変わった曲で、単調なボレロのリズムが延々繰り返される(その数なんと169回!)
    2つのメロディと1つのリズムからなるトランス音楽の先駆け
    フルート1本からはじまり、100人のオーケストラに広がる

21位:ヘンデル(1685年~1759年)

  • バッハは「音楽の父」と呼ばれ、彼と同い年のヘンデルは「音楽の母」と称されることに・・・
  • ドイツ出身でありながらイギリスでオペラを作曲、また英語でポップな讃美歌を作ることも!
  • 国際的作曲家で敏腕プロデューサー
  • 最終的にはイギリス人として生涯を終えた
ヘンデルの名曲

◆「マカベウスのユダ」

ヘンデル: オラトリオ 「マカベウスのユダ」 - 見よ、勇者は帰る

ヘンデル: オラトリオ 「マカベウスのユダ」 - 見よ、勇者は帰る

  • カペラ・イストロポリターナ & リヒャルト・エトリンガー
  • クラシック
  • ¥150
  • provided courtesy of iTunes

日本海軍の運動会での演奏がきっかけで定着

◆「水上の音楽」

アラ・ホーンパイプ(《水上の音楽》より)(ヘンデル)

アラ・ホーンパイプ(《水上の音楽》より)(ヘンデル)

  • ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団, ラファエル・クーベリック & ヴォルフガング・マイヤー
  • クラシック
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

英国王のテムズ川での舟遊びで演奏したとされる

◆「メサイア ハレルヤ・コーラス」

「メサイア」〜ハレルヤ・コーラス

「メサイア」〜ハレルヤ・コーラス

  • アンブロージアン・シンガーズ, ジャネット・ベイカー, イギリス室内管弦楽団, ロバート・ティアー & チャールズ・マッケラス
  • クラシック
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

ロンドン初演では英国王が感動で思わず起立

20位:スメタナ(1824年~1884年)

モルダウ(抜粋)(スメタナ)

モルダウ(抜粋)(スメタナ)

  • ボストン交響楽団 & ラファエル・クーベリック
  • クラシック
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes
  • クラシック音楽が次第に世界的になる過程で登場したチェコ出身の作曲家
  • 「モルダウ」とはチェコを流れる川の名前(「モルダウ」はドイツ語読みのため、チェコ語の「ブルタバ」で掲載する教科書もある)
  • 「スメタナ」はロシア語でサワークリーム、チェコ語で生クリーム

19位:ワーグナー(1813年~1883年)

ワーグナー: ヴァルキューレの騎行 (楽劇《ヴァルキューレ》から)

ワーグナー: ヴァルキューレの騎行 (楽劇《ヴァルキューレ》から)

  • リゼロッテ・レープマン, Danica Mastilovic, イングリット・シュテーガー, リロ・ブロックハウス, Carlotta Ordassy, バルブロ・エリクソン, ツヴェトカ・アーリン, Helga Jenckel, ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団 & ヘルベルト・フォン・カラヤン
  • クラシック
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes
  • ドイツオペラの巨人
  • ベートーベン以降ドイツ音楽の中で最大の革命を起こした
  • ドSキャラ
    わがままで浪費家、なんと弟子の妻を寝取ることも・・・!
  • 国の金で自分の音楽のためだけの劇場を作り、国庫が傾くほどの金額だったとも!
    その劇場は客席に通路がなく、1度座ったら終わるまで退席できない
  • 葉加瀬太郎がワーグナーに厳しい・・・
    →実はワーグナーが大嫌い!(「最悪に嫌い」「曲もダメ」)

18位:山田耕筰(1886年~1965年)

山田耕筰

山田耕筰

  • Takashi Murakami, Akiyo Kajiura & 松井菜穂子
  • クラシック
  • ¥150
  • provided courtesy of iTunes
  • 日本に本場ヨーロッパのクラシック音楽を普及
  • 代表曲に「赤とんぼ」「ペチカ」「この道」など
  • 日本初のシンフォニー(交響曲)やオペラを作曲
  • 日本初のプロオーケストラも設立(のちのNHK交響楽団に続くオーケストラの母体)
  • ただし「恋多き男」で女性スキャンダルも多数

17位:坂本龍一(1952年~)

Merry Christmas Mr. Lawrence

Merry Christmas Mr. Lawrence

  • RYUICHI SAKAMOTO
  • クラシック
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes
  • 現在、日本が世界に誇る作曲家
  • イエロー・マジック・オーケストラ(YMO)で活動開始
  • 数々の映画音楽などで活躍
  • 「ラストエンペラー」で日本人初の米アカデミー&グラミー賞をW受賞
坂本龍一の名曲

◆「戦場のメリークリスマス」

英国アカデミー賞を受賞 映画も初出演

◆「energy flow」

energy flow

energy flow

  • 坂本龍一
  • ポップ
  • ¥150
  • provided courtesy of iTunes

CM曲としても注目されミリオンセラー

◆「ラストエンペラー」

the last emperor

the last emperor

  • 坂本龍一
  • ポップ
  • ¥150
  • provided courtesy of iTunes

坂本も甘粕正彦役で映画本編に出演

16位:パッヘルベル(1653年~1706年)

パッヘルベル: カノン

パッヘルベル: カノン

  • ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団, ヘルベルト・フォン・カラヤン & Frank Maus
  • クラシック
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes
  • ドイツの作曲家
  • 「カノン」は循環コードを繰り返すのが特徴的な曲

15位:小澤征爾(1935年~)

  • ニューヨークフィルの副指揮者=小澤征爾
    常任指揮者=バーンスタイン

14位: ヴィヴァルディ(1678年~1741年)

ヴィヴァルディ:《四季》

ヴィヴァルディ:《四季》"春"

  • VIVALDI ORCHESTRA
  • クラシック
  • ¥150
  • provided courtesy of iTunes
  • イタリアの作曲家でヴァイオリンの名手
  • 彼の代表作「四季」は「春」が有名
    →実は「夏」もよく演奏される楽曲

13位:瀧 廉太郎(1879年~1903年)

荒城の月

荒城の月

  • ジャン=ピエール・ランパル/リリー・ラスキーヌ, ジャン=ピエール・ランパル & リリー・ラスキーヌ
  • クラシック
  • ¥150
  • provided courtesy of iTunes
  • ドイツ・ライプツィヒの音楽院に留学
    設立者は作曲家・メンデルスゾーン
  • 日本男子で初めて海外に音楽留学
  • 代表曲「お正月」「荒城の月」など
  • 「インスト(演奏のみ)」文化のない日本で初めてのピアノ曲を作曲した
  • 明治36年 肺結核により23歳で夭逝
  • 最後に作曲した曲は「憾(うらみ)」

12位:ブラームス(1833年~1897年)

ブラームス: ハンガリー舞曲第5番

ブラームス: ハンガリー舞曲第5番

  • ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団 & ヘルベルト・フォン・カラヤン
  • クラシック
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes
  • 代表作の1つに「ドイツレクイエム」
    彼の母が亡くなった際に作曲された
  • 「ドイツ3大B」の1人(バッハ・ベートーベン・ブラームス)で葉加瀬太郎が1番好きな音楽家
  • 蓄音機に初めてクラシック音楽を録音
  • 革新のワーグナー vs 伝統のブラームス
    当時のウイーン音楽界は2つに割れていた

11位:ラフマニノフ(1873年~1943年)

ピアノ協奏曲第2番: 第3楽章より

ピアノ協奏曲第2番: 第3楽章より

  • 辻井伸行 & 佐渡 裕
  • クラシック
  • provided courtesy of iTunes
  • ショパンの後、一番有名な世界的ピアニストで作曲家
  • 身長が約2m
  • 手が大きく、自分が弾くために作る曲はダイナミックな譜面で難易度が高い
  • ロシア革命後に他国に亡命した後、アメリカに移って活躍

10位:リスト(1811年~1886年)

リスト:超絶技巧練習曲第5曲「鬼火」

リスト:超絶技巧練習曲第5曲「鬼火」

  • イェネ・ヤンドー
  • クラシック
  • ¥150
  • provided courtesy of iTunes
  • ハンガリー出身のピアニスト・作曲家
  • イタリアのヴァイオリニスト・パガニーニに衝撃を受け、超絶技巧の「ピアノのパガニーニ」を目指した
  • 現在のピアノの演奏スタイルにしたのはリスト(それ以前は客席に背中を向けて弾いた)
  • コンサートグッズも初めて作成・販売

9位:ドビュッシー(1862年~1918年)

ドビュッシー: ベルガマスク組曲 ~ 月の光

ドビュッシー: ベルガマスク組曲 ~ 月の光

  • フランソワ・ジョエル・ティオリエ
  • クラシック
  • ¥150
  • provided courtesy of iTunes
  • 20世紀の音楽の仕組みを作った「印象派」
  • ジャズ・ボサノバなど今の音楽の基礎を作った
  • ドビュッシーによって音楽が前進

8位:ドヴォルザーク(1841年~1904年)

交響曲 第9番 ホ短調「新世界より」 作品95/第4楽章:アレグロ・コン・フオーコ

交響曲 第9番 ホ短調「新世界より」 作品95/第4楽章:アレグロ・コン・フオーコ

  • レオポルト・ルードヴィヒ & ロンドン交響楽団
  • クラシック
  • ¥150
  • provided courtesy of iTunes
  • チェコ初の世界的作曲家 庶民出身
  • 宿屋の息子で、客への余興でヴァイオリンを弾くうちに才能が開花
    →反対押し切り音楽家に!
  • 葉加瀬太郎イチオシの作曲家・ブラームスが才能を見抜きウィーンへ(作曲家デビュー)
  • 後に米国に渡り、交響曲「新世界より」を作曲
    米国から故郷を思いながら作ったと言われる
  • 日本では「家路」や歌詞をつけた「遠き山に日は落ちて」として有名 

8位:チャイコフスキー(1840年~1893年)

チャイコフスキー:バレエ《くるみ割り人形》~花のワルツ(第2幕:第13曲)

チャイコフスキー:バレエ《くるみ割り人形》~花のワルツ(第2幕:第13曲)

  • モントリオール交響楽団 & シャルル・デュトワ
  • クラシック
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes
  • ロシア初の国際的作曲家
  • 当時の音楽の中心・ウィーンへロシアの音楽をひっさげ進出した
  • 3大バレエの作曲家として有名
    「白鳥の湖」「くるみ割り人形」「眠れる森の美女」

6位:ショパン(1810年~1849年)

ショパン:別れの曲

ショパン:別れの曲

  • ウラディーミル・アシュケナージ
  • クラシック
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes
  • ポーランドを代表する世界的作曲家
  • 同時代のリストと並びアイドル的人気
  • 実はメインの仕事は貴族へのレッスン
  • 1レッスン→20フラン(現在の価格に換算すると約7万5千円)
    1日10人近くの生徒に教えていた
  • コンサートのギャラ→6千フラン(約2250万円)
  • ピアノ全盛期の作曲家でほとんどピアノの曲しか作らなかった
    →「ピアノの詩人」

5位:シューベルト(1797年~1828年)

ピアノ五重奏曲「鱒」~第4楽章(シューベルト)

ピアノ五重奏曲「鱒」~第4楽章(シューベルト)

  • チェコ・ナショナル・クィンテット
  • クラシック
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes
  • 31歳の生涯に約1千曲を作曲した天才メロディメーカー「歌曲の王」
  • 1815年~16年の2年間で約350曲作成
  • 生前はほとんど人気がなく評価されず、お金にも無頓着で貧しい生活を送った
  • ブラームスの師・シューマンが生前のスコア(楽譜)を発見→人気急上昇!
  • 死後評価された悲運な作曲家

4位:バッハ(1685年~1750年)

  • 仕事で「葬式の曲」を多数作曲
  • 音楽の母 ヘンデル⇔音楽の父 バッハ
    生前は実はヘンデルの方が人気だった
  • 職人肌で地元の宮邸や教会のためだけに1千曲を超える作曲を行なった
  • 結婚は2回しており子どもは20人
  • 当時は息子たちの方が有名な作曲家
バッハの名曲

◆「トッカータとフーガ」

バッハ:トッカータとフーガ ニ短調

バッハ:トッカータとフーガ ニ短調

  • Marie-Claire Alain
  • クラシック
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

バッハが20代前半に作曲

◆「小フーガ・ト短調」

フーガ ト短調(小フーガ)

フーガ ト短調(小フーガ)

  • クヌード・ヴァッド
  • クラシック
  • ¥150
  • provided courtesy of iTunes

4つのメロディーが絡み合うように作られている

◆「G線上のアリア」

G線上のアリア

G線上のアリア

  • プラハ室内管弦楽団
  • クラシック
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

原題は「アリア」G線だけで弾いたので「G線上のアリア」と呼ばれる

3位:久石 譲(1950年~)

  • スタジオジブリや北野武監督作品など数々の映画音楽を手掛けたことで有名
  • 1番初めに手掛けた劇音楽は「はじめ人間ギャートルズ」
  • 指揮者としても活躍
  • 久石 譲はペンネーム
    音楽プロデューサー クインシー・ジョーンズに由来
久石 譲の名曲

◆「さんぽ」

さんぽ

さんぽ

  • 久石 譲
  • サウンドトラック
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

「となりのトトロ」オープニング曲 メロディは湯船の中で浮かんだ

◆「風の伝説」

風の伝説

風の伝説

  • 久石 譲
  • サウンドトラック
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

「風の谷のナウシカ」でジブリ映画初担当

◆「Summer」

Summer

Summer

  • 久石 譲
  • サウンドトラック
  • ¥200
  • provided courtesy of iTunes

北野武監督の映画「菊次郎の夏」主題歌

2位:ベートーヴェン(1770年~1827年)

ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ第8番「悲愴」 ~ 第2楽章

ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ第8番「悲愴」 ~ 第2楽章

  • イェネ・ヤンドー
  • クラシック
  • ¥150
  • provided courtesy of iTunes
  • 言わずと知れたドイツが誇る音楽家
  • 交響曲を芸術作品にし全9曲を作り上げた
  • 初のカツラを脱ぎ捨てた音楽家
    →宮廷・教会に仕えないフリー作曲家
  • 演奏・作曲でお金を稼ぐことを確立
    音楽家の地位を飛躍的に高めた!
  • 古典派音楽を完成させ、続くロマン派の礎を築いた

1位:モーツァルト(1756年~1791年)

「フィガロの結婚」~序曲

「フィガロの結婚」~序曲

  • マルチェロ・ロータ指揮、チェコ・ナショナル交響楽団
  • クラシック
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes
  • 神童であり天才
    あらゆるジャンルに傑作を残したオーストリアの大作曲家
  • ひらめきの作曲家でスコアに下書きがない
    35年の短い生涯で600曲以上を作曲
  • ベートーヴェン(努力で作曲)⇔モーツァルト(天性の才能で作曲)
  • ただし晩年は人気が無くなっており、共同墓地に埋葬
    その死にも謎が多い

 

【関連記事】