れいちぇ

お悩み解決・ライフハック・まとめ記事

【FNSうたの春まつり】春の名曲100選「あなたにとっての春の名曲は?」30位~1位【2017年】

春の歌

 

スポンサーリンク

 

FNS 春の名曲100選 100位~66位

FNS 春の名曲100選 65位~31位


FNS 春の名曲100選 30位~1位

30位:乾杯(1980年)長渕 剛

乾杯

乾杯

  • 長渕 剛
  • J-Pop
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

長渕剛さんが結婚する地元の友人のために書いた曲で「人生の門出に乾杯!」という楽曲が持つメッセージから 結婚披露宴や卒業式でよく唄われるようになりました。昨年の「FNS歌謡祭」では「今の時代に伝えたいメッセージがある」として新たな詞が付け加えられ披露されました。

29位:赤いスイートピー(1982年)松田聖子

赤いスイートピー

赤いスイートピー

  • 松田 聖子
  • J-Pop
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

「春色の汽車に乗って」という冒頭のフレーズが印象的。作詞は聖子さんの楽曲を数多く手掛けた松本隆さん、作曲は呉田軽穂さん(松任谷由実さん)です。この「松本隆・呉田軽穂ペア」は、その後「渚のバルコニー」「瞳はダイアモンド」「Rock'n Rouge」など、聖子さんの代表曲となるヒット曲を多数生み出します。ちなみにスイートピーの花言葉は「門出・優しい思い出」です。

28位:風の中、歩き出す(2014年)三代目 J Soul Brothers

風の中、歩き出す

風の中、歩き出す

  • 三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE
  • J-Pop
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

2014年にリリースされた「S.A.K.U.R.A. 」のカップリング曲でファンに人気が高い曲。「卒業と旅立ち」をテーマにしており、学生だけでなく夢に向かって何かに挑もうとしている人や 自分自身を変えようとしている人の背中を押す応援ソングです。

27位:未来へ(1998年)Kiroro 

未来へ

未来へ

  • Kiroro
  • J-Pop
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

作詞・作曲はボーカルの玉城千春さん。中学・高校の音楽の授業や合唱コンクールで唄われることが多く、卒業ソングの代表格として親しまれています。母から注がれる無償の愛に気付き 未来へと歩み始める決意が描かれ、徳永英明さんやクリス・ハートさんなど多くのアーティストにカバーされている。旅立ちの季節「春」にピッタリな名曲です。

26位:YaYa(あの時代を忘れない)(1982年)サザンオールスターズ 

Ya Ya(あの時代を忘れない)

Ya Ya(あの時代を忘れない)

  • サザンオールスターズ
  • J-Pop
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

1982年にリリースされたサザンオールスターズ16枚目のシングル。80年代のサザンを代表する一曲で、歌詞に登場する「Better Days」は桑田さんが青山学院大学在学中に所属していた音楽サークルの名前で、桑田さんの大学時代の思い出が散りばめられています。「ya」は英語で「you」をあらわし「あなた・君」という意味です。

25位:未来予想図Ⅱ(1989年)DREAMS COME TRUE 

未来予想図II

未来予想図II

  • DREAMS COME TRUE
  • J-Pop
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

作詞・作曲を手掛けた吉田美和さんは、高校生のときにこの曲を作ったそうです。幸せいっぱいのカップルが描かれていることから結婚式でもよく唄われ、「好きなラブソング」ランキングでも常に上位にランクインする人気曲。当時歌詞で描かれている「ブレーキランプを5回点滅させてア・イ・シ・テ・ル」を伝えるカップルが巷に溢れたという逸話もあります。

24位:愛をこめて花束を(2008年)Superfly 

愛をこめて花束を

愛をこめて花束を

  • Superfly
  • ロック
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

2008年にリリースされたSuperfly4枚目のシングル。共に歩んで来た仲間や恋人と道を分かつときに、互いの前途を祝して「愛をこめて花束を」という曲の持つメッセージが別れの多い春という季節を連想させます。

23位:花唄(2002年)TOKIO 

花唄

花唄

 

松岡昌宏さん主演ドラマの主題歌としてヒット。「花吹雪」という歌詞が印象的な春うたです。声帯摘出手術を受けたつんくさんとご家族を励まそうとご自宅に伺ったTOKIOが、5人でこの曲を披露したという彼ららしい男気感じるエピソードも。

22位:旅立ちの日に・・・(2006年)川嶋あい

旅立ちの日に…

旅立ちの日に…

  • 川嶋あい
  • J-Pop
  • ¥200
  • provided courtesy of iTunes

2人組ユニット・I WiSHのメンバーだった川嶋あいさん。人気バラエティ番組「あいのり」の主題歌となり大ヒットした「明日への扉」の原曲がこの「旅立ちの日に・・・」です。この曲は中学校を卒業する際に作った楽曲で、自身の想い出や気持ちをリアルに描いた歌詞が共感を呼び、現在も卒業式で多く唄われています。

21位:友 ~旅立ちの時~(2013年) ゆず

友 〜旅立ちの時〜

友 〜旅立ちの時〜

  • ゆず
  • J-Pop
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

第80回NHK全国学校音楽コンクール(通称Nコン)の中学校の部課題曲として北川悠仁さんが書き下ろした一曲です。合唱曲としても浸透し卒業式で唄われることも多いそう。2011年に発生した東日本大震災の直後に不安を抱えていたツアースタッフに向けて「どんなことがあっても一緒に旅に出よう」という想いを込めて作った曲と言われています。

20位:Best Friend(2010年)西野カナ 

Best Friend

Best Friend

  • 西野 カナ
  • J-Pop
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

「離れても何年経っても変わらない」親友との絆をうたった歌詞が春にピッタリということで人気。西野カナさんが友人に送ったメールをもとに作詞されたそうです。リリース当時「ケータイ世代のカリスマ」と呼ばれ、新世代の歌姫として若者を中心に人気を急上昇させていた西野さんの代表曲のひとつです。

19位:卒業(1985年)斉藤由貴

卒業

卒業

  • 斉藤由貴
  • 歌謡曲
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

作詞は松本隆さん、作曲は筒美京平さん、編曲は当時新進気鋭のアレンジャーとして頭角をあらわした武部聡志さんが起用されました。両想いの男の子と卒業で離ればなれになる寂しさを繊細に描き「卒業ソング」の定番に。斉藤由貴さんは近年ドラマや映画に多数出演し女優として活躍されています。

18位:CHE.R.RY(2007年)YUI

CHE.R.RY

CHE.R.RY

  • YUI
  • J-Pop
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

2007年にリリースされたYUI8枚目のシングル。キャッチコピーは「甘酸っぱい果実のような春のうたを贈ります」曲名が「CHERRY」ではなく「CHE.R.RY」なのは「.R.」の形がサクランボのように見えて可愛らしかったからだそう。携帯電話のメールで想いを伝える女性の心模様がみずみずしく描かれた一曲です。

17位:桜(1998年)川本真琴 

桜

  • アーティスト: 川本真琴,石川鉄男,カラオケ
  • 出版社/メーカー: ソニー・ミュージックレコーズ
  • 発売日: 1998/04/01
  • メディア: CD
  • 購入: 1人 クリック: 3回
  • この商品を含むブログ (24件) を見る
 

当時「DNA」「1/2」などヒットを飛ばし、“天才シンガーソングライター”として一世を風靡した川本真琴さん。川本さんと言えばアコースティックギターを掻き鳴らすイメージが強かったのですが、「桜」ではピアノを弾く姿が印象的。4月からピアノの弾き語りツアーが決定。

16位:さくら(独唱)(2003年) 森山直太朗 

さくら(独唱)

さくら(独唱)

  • 森山直太朗
  • J-Pop
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

2000年代の「桜ソング」の代名詞とも言える曲で、合唱コンクールや卒業式でも唄われています。もともとは森山直太朗さんが友人の結婚をきっかけに作った曲です。リリース時から徐々にチャートをを上げていき、9週目にして念願の1位を獲得しました。

15位:花(2004年)ORANGE RANGE

花

  • ORANGE RANGE
  • J-Pop
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

沖縄県出身のロックバンド・ORANGE RANGEが2004年にリリースした大ヒット曲。竹内結子さん主演の映画『いま、会いにゆきます』の主題歌にもなりました。「上海ハニー」や「ロコモーション」などアッパーな曲調の印象が強いバンドでしたが、ミドルテンポの「花」がヒットしたことで幅広い年齢層に知名度を広げました。

14位:はいからさんが通る(1987年)南野陽子

はいからさんが通る

はいからさんが通る

  • 南野 陽子
  • J-Pop
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

「ナンノ」の愛称で親しまれ、ドラマ「スケバン刑事Ⅱ」への出演などで知られる南野陽子さん。歌手としても「吐息でネット」など多くのヒット曲を生みましたが、中でも「はいからさんが通る」は袴姿で唄うビジュアルが印象的でした。袴が卒業式を連想させ春うたとしても人気です。

13位:明日はきっといい日になる(2015年)高橋 優

明日はきっといい日になる

明日はきっといい日になる

  • 高橋優
  • ロック
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

秋田県出身の高橋優さんが2015年にリリース。ちょっとした失敗や悲しい出来事があっても「明日はきっといい日になる」という前向きなメッセージが若者を中心に人気の曲です。

12位:サヨナラの意味(2016年)乃木坂46

サヨナラの意味

サヨナラの意味

  • 乃木坂46
  • J-Pop
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

この曲で初めてセンターを務めた橋本奈々未さんは、2017年2月20日をもってグループから卒業し 芸能界を引退。1期生としてグループを支えてきた橋本さんとの別れも意味したこの曲は、別れの季節「春」に聴きたい新たな春うたとなりました。

11位:世界に一つだけの花(2003年)SMAP

世界に一つだけの花

世界に一つだけの花

  • アーティスト: SMAP,槇原敬之,工藤哲雄,都志見隆
  • 出版社/メーカー: ビクターエンタテインメント
  • 発売日: 2003/03/05
  • メディア: CD
  • 購入: 4人 クリック: 404回
  • この商品を含むブログ (108件) を見る
 

槇原敬之さんが作詞・作曲を手掛けたこの曲は、2002年にアルバムの中の一曲としてリリースされましたが、翌年2003年に草彅剛さん主演ドラマ「僕の生きる道」の主題歌となりシングルカットされ、誰もが口ずさめる国民的ヒット曲として老若男女問わず愛されており、21世紀にリリースされたシングル曲で唯一300万枚以上売り上げた大ヒット曲です。

10位:春の予感 -I've been mellow-(1978年)南 沙織

春の予感 -I've been mellow-

春の予感 -I've been mellow-

  • 南 沙織
  • J-Pop
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

エキゾチックな顔立ちの南沙織さんは沖縄県生まれのアイドルで、70年代に「シンシア」という愛称で親しまれ絶大な人気を誇り、小柳ルミ子さん・天地真理さんと並び「新三人娘」と呼ばれました。ヒットを飛ばしていたものの大学に通っていた24才のときに「学業に専念する」と引退。その後、写真家の篠山紀信さんと結婚されました。

9位:さくら(2005年)ケツメイシ

さくら

さくら

  • ケツメイシ
  • J-Pop
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

ケツメイシ最大のヒット曲で2005年の年間売り上げ2位を記録。「桜ソング」の中で今も高い人気を誇る一曲。かつての恋人との日々を桜の中で思い浮かべる描写が印象的です。ケツメイシというユニット名の由来はメンバーの中に薬科大学の出身者がおり、薬草の名前から付けられたそうです。

8位:手紙 ~拝啓 十五の君へ~(2008年)アンジェラ・アキ 

手紙 ~拝啓 十五の君へ~

手紙 ~拝啓 十五の君へ~

  • アンジェラ・アキ
  • J-Pop
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

眼鏡にTシャツ・ジーンズというスタイルでエモーショナルにピアノを弾き語る姿が印象的なシンガーソングライター アンジェラ・アキさんの代表曲。15才の「僕」と大人になった「僕」が手紙でやり取りするという歌詞で、思春期の悩みが等身大で描かれ共感を呼びました。アンジェラ・アキさんは2014年8月に日本での活動を停止し アメリカに留学。現在は2年間の学生生活を終え 音楽制作を再開しています。

7位:ワタリドリ(2015年)[Alexandros] 

ワタリドリ

ワタリドリ

  • [Alexandros]
  • J-Pop
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

今もっとも注目を集めるロックバンド・[Alexandros](アレキサンドロス)が2015年にリリースした10枚目のシングル。旅立ちをテーマにした曲で「未知なる世界・未来へ羽ばたいていこう」というメッセージが春にピッタリ!映画主題歌・CMソングとして使用され、幅広い世代に浸透しました。

6位:夜桜お七(1994年)坂本冬美

夜桜お七

夜桜お七

  • 坂本冬美
  • ポップ
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

歌人でエッセイストの林あまりさんが初めて演歌の作詞を手掛けた曲です。「お七」というのは江戸時代に実在した「八百屋お七」と呼ばれる少女がモデルとなっています。愛した男性に会いたいあまり、江戸の町に放火した彼女の伝説と現代の恋を重ね合わせているとのこと。ドラマティックなアレンジが演歌の枠を超え、若い人にも人気を呼びました。 

5位:時代(1975年)中島みゆき 

時代

時代

  • 中島みゆき
  • J-Pop
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

1975年にリリースされた中島みゆきさんの代表曲で音楽の教科書に掲載され、卒業式で合唱されるなど 広く親しまれています。「諸行無常」や「輪廻」といったテーマを描いたこの曲は 中島さんが23才のときに作られ、それが広く唄われる普遍的な曲となったところに非凡な才能を感じさせます。2007年には文化庁による「日本の歌百選」に選ばれました。

4位:サライ(1992年)加山雄三/谷村新司

サライ -若大将50年!ver.-

サライ -若大将50年!ver.-

  • 加山雄三 & 谷村新司
  • 歌謡曲
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

「24時間で1曲作る」というテレビ番組の企画から生まれた名曲。作曲は加山雄三さん、作詞は視聴者から寄せられたメッセージをもとに谷村新司さんが手掛けました。「サライ」とはペルシア語で「宿」を意味する言葉で曲のテーマは「心のふるさと」卒業ソングとしても定着し、春になるとよく耳にする曲でもあります。

3位:旅立ちの日に 合唱曲

旅立ちの日に

旅立ちの日に

  • 平松混声合唱団
  • クラシック
  • ¥150
  • provided courtesy of iTunes

現在もっとも卒業式で歌われている合唱曲。もともと埼玉県秩父市立影森中学校の先生によって作られ、じわじわと全国の学校に広まっていきました。SMAPがCMでカバーし、現在では「仰げば尊し」「贈る言葉」などに代わり 定番の卒業ソングとなりました。

2位:サクラ咲ケ(2005年)嵐

サクラ咲ケ

サクラ咲ケ

  • アーティスト: 嵐,相田毅,樽木栄一郎,櫻井翔,AKIRA,石塚知生
  • 出版社/メーカー: ジェイ・ストーム
  • 発売日: 2005/03/23
  • メディア: CD
  • 購入: 2人 クリック: 84回
  • この商品を含むブログ (33件) を見る
 

予備校のCMソングに起用され「一歩踏み出す勇気を持って未来を変えよう!チャレンジすればきっと花は咲く」というメッセージが多くの受験生の背中を押しました。春らしい疾走感溢れるロックチューンで「桜ソング」の代表曲のひとつです。

1位:春よ、来い(1994年)松任谷由実

(みんなの)春よ、来い

(みんなの)春よ、来い

  • 松任谷由実
  • ポップ
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes
松任谷由実40周年記念ベストアルバム 日本の恋と、ユーミンと。 (通常盤)

松任谷由実40周年記念ベストアルバム 日本の恋と、ユーミンと。 (通常盤)

 

NHK朝の連続テレビ小説「春よ、来い」の主題歌。歌詞が流麗で大変美しい日本語で書かれていることから、音楽の教科書だけでなく国語の教科書にも掲載されました。季節はめぐり何度春がおとずれても思い出してしまう記憶がある。そんな切ない心模様を詩的に描いています。

 

【関連記事】

2016年の春の名曲100選を振り返り