れいちぇ

お悩み解決・ライフハック・まとめ記事

快眠グッズ・快眠家電の売り上げランキング10!ぐっすり眠れてスッキリ目覚める

朝起きる

『ワールドビジネスサテライト』にて、“快眠家電&グッズ売り上げランキング10” が発表されていました。

スポンサーリンク

 

快眠家電&グッズ売り上げランキング10

1位:LEDシーリングライト(パナソニック)

目覚めをスッキリさせるために光をうまく使うことが重要。パナソニックのLEDシーリングライトは目覚めのあかり搭載。部屋の中を朝日が昇るように徐々に明るくすることで目覚めが良くなり、日中のパフォーマンスを上げることが期待できる。少しずつ明るくしていくことでまぶたを通して光が脳に刺激。30分かけて脳が起きる準備をする。

※家族に起こされる子供の数:18人から9人に減少(富山大学と共同で検証)

2位:LEDシーリングライト「LIFELED'S」(NECライティング)

消灯後すぐに真っ暗にならずに、淡いブルーグリーンの光で部屋を照らすホタルック機能搭載。

3位:LEDシーリング(東芝)

お休みタイマーではだんだん暗くなり、 目覚ましタイマーでは徐々に明るくなる。

4位:ユニットまくらEX(壬生工房)

6つのパーツが連結したユニット構造で首をやさしく支える。

5位:スリープバンテージ(フランスベッド)

横向きで寝ることによって呼吸がしやすくなり、いびきの軽減にもつながる。

6位:エアリーマットレス(アイリスオーヤマ)

寝る時の偏りがちな圧力を上手く分散し、負担のかからない姿勢を維持できる。

7位:アロマランプL(生活の木)

香りに癒されながら就寝。

8位:目元エステ(パナソニック)

寝る前に目元を温め、リラックスすることで快眠を誘う。

9位:ナイトスチーマー「ナノケア」(パナソニック)

寝ながら肌と髪のケアができる。

10位:ナステント クラシック(セブン・ドリーマーズ・ラボラトリーズ)

ナステントはいびき対策の商品。鼻からチューブを通し、気道を確保。いびきの原因となる気道の閉塞などを防ぐ。購入者の3人に1人が女性。「いびきがうるさい」と言っている家族にも快適に寝てもらえる。

メンタルサプリ専門店【リラクミンシリーズ】

 

【関連記事】