れいちぇ

お悩み解決・ライフハック・まとめ記事

『ダメな自分を認めたら部屋がキレイになりました』 汚部屋の解決まとめ

汚部屋解決

前回、汚部屋脱出のヒントに気付いたぽんさん。

さっそく家の中を見まわしてみると・・・

レジ袋に大量に入れてあるプラスチックスプーンやフォーク、割りばしを発見。

コンビニやスーパーでもらって余ったものですが、使ったためしがありません。

 

「こういうものを捨てれば、ウチもスッキリするのかな?」

「でもなぁ・・・使えるものを捨てるのって、やっぱりもったいないよなぁ・・・」

ウロウロしながら、踏ん切りがつかないぽんさん。

 

しかし・・・思い切って捨ててみました!!

 

「ふーーー!」

「ちょっともったいなかったけど、棚に余裕ができたから良しとしよう」

「よくやったね!私」

 

スポンサーリンク

 

ものが増えてしまう本当の理由

ものが増える理由

スペースが空いた棚を見つめ、ぽんさんは思いました。

この棚の中、こういうのも思い切って処分しちゃえばもっとスッキリするのかな?

  • いつ封を切ったか分からない紅茶
  • ケーキ屋さんやデリの紙袋
  • ケーキ屋さんのきれいなリボン
  • スイーツが入っていたカップ
  • デザインがかわいい缶やビン

うう・・・この缶かわいいんだけどなぁ・・・うぐぐ・・・今回は思い切って処分しよう。

 

すると、ものを捨てた2段の棚だけ自分の家ではないようにスッキリしました。

嬉しくなったぽんさんは、他に捨てるものはないかと探します。

 

そういえば、来客用のティーセット・・・「これがあればホームパーティーもOKね」なんて思って買ったけど、結局これもほとんど使ってない。

それを言ったら、あの鍋やミキサーセットもこの大量のレシピ本も何年もロクに使ってない・・・

 

道具を買い集めただけで実行したつもりになっていたけど、本当は何もやってなかった私・・・

 

自分の欠点を忘れるため

自分の欠点やコンプレックス

実はうすうす気づいていたぽんさん。

ものを買った時には、目標に向かってがんばってる“デキる自分”になったつもりでいたけど、本当の自分は飽きっぽくてすぐ投げ出して、結局何も進歩してないまま・・・。

 

その“もの”さえあれば、進歩していないダメダメな自分を見て見ぬふりをすることができた。

デキる自分になりたくて道具や本を買ってたというより、自分の欠点を忘れるためにものを買っていた。

 

そういえば、何か新しいことを始めようと思って道具や本を買う時って、自分に自信がなくってヘコんでた時が多かったかも。

そんな気分をまぎらせるため買い物して・・・

一時的にデキる自分になったつもり。

気がまぎれたのでどーでもよくなる。

結局何も進歩してないのでその内またへこむ。

気分をまぎらせるためまた買ってしまう。

(無限ループ)

 

そして、ものさえあればいつでも“デキる自分”になれる気でいられるから、ものが増え続けても捨てられなかった。

(たくさん並んでいるとできそうで安心する)

 

「ダメな自分」を認めて脱ぎ捨てよう

ダメな自分から生まれ変わる

改めて見ると持っているレシピ本だけでもすごい量がありました。

『フレンチを極める』・・・今の私にはハードルが高い。

『簡単おうちごはん和・洋・中』・・・今の私に一番合ってるのはこういう本。

『簡単おうちごはん』には、ぽんさんが知らないことがいくつも載っていました。

「えーっ、お米を研ぐ時って一番はじめの水はすぐ捨てるの!?なんでなんで?」

「ダシの取り方?そういえば私、ダシってちゃんと取ったことない」

 

ははは・・・おうちごはんですらこの調子なのに、おもてなし料理、ましてやフレンチなんてそりゃ無理な話。

でも、おうちごはんがしっかり作れるようになったら、料理の腕にちょっとは自信がつくかな。

 

だったら、このおうちごはんレシピ本1冊をとことん作ってみて、自信がついたら新しくレシピ本を買い足せばいい。

この1冊すら使いこなせないようなら、私には料理は向かなかったんだって、割り切って他の得意分野を探せばいい。

 

そうすれば料理にじっくり取り組めるし、レシピ本はこの1冊でOKだし、むやみにものが増えない!いいことづくめ!

そうしてぽんさんは、思い切っておうちごはん以外のレシピ本を処分しました。

 

ものを捨てるのは、なりたい自分をあきらめるからじゃなく、もう1度スタートするための準備

 

ダメな自分を守る鎧を脱ぎはじめると、ぽんさんの心のモヤモヤが晴れていきました。

増えていくものは自信のない自分のあらわれ

「増えていくものは自信がない自分のあらわれ」だと本には書かれています。

ぽんさんの部屋に増えていったもの

  • 洋服
  • エクササイズグッズ&ダイエット食品
  • プチプラコスメ
  • 英会話や料理の本

これらは

  • 「太ってる」
  • 「おしゃれじゃない」
  • 「趣味がない」

という自分の自信のない部分をどうにかしようとあがいた結果。

まずは自分のダメな部分を自覚。

ものは自信の代わりにはならないので、もうやみくもには買わない。

自信がない部分はもう一度、できることから頑張ればいい!

再スタートするためにも買い過ぎたものは処分。

 

汚部屋脱出大作戦!

汚部屋脱出大作戦

  1. まずはリビングテーブルの上だけキレイにしてみよう!
  2. たまりにたまった“持ってるだけで安心するモノ”を処分していこう!
  3. 棚は使わないものを入れておく場所じゃない!使うものを入れる場所だ!
  4. しまい込んでいた“ステキなもの”は普段使いしよう!
  5. 増えていくものは自信がない自分の表れ!自分のダメなところを自覚しよう!
  6. 買い物グセを直してものが増えるのをSTOP!
  7. コレクションは美しく保管できてこそ価値がある!
  8. ものが少なくなれば“使ったらしまう”は自然とできる!

『ダメな自分を認めたら部屋がキレイになりました』は、上記のステップが分かりやすくマンガで展開されていきます。

ひとつひとつ気づきながら改善し1歩ずつ前進 。

そうしているうちにぽんさんのお部屋は、見違えるようにきれいになりました。

 

現在のぽんさんのお部屋の写真も掲載されているのですが、本当にもと汚部屋住人!?思えるくらいにきれいな部屋になっています。

 

今まで何度も片付けに挫折してきた人の強い味方になる1冊です。