れいちぇ

お悩み解決・ライフハック・まとめ記事

『絶対幸せになれるたった10の条件』

絶対幸せになれるたった10の条件

幸福論というとほとんどが心理学のもの。

しかし、もともと幸福は哲学の主要テーマでした。

この本は、哲学にみる幸せの定義がわかりやすく解説されています。

 

幸せの分類

アランの幸福論

【ポジティブになる】

  • 常に希望を持つ
  • 強い意志を持つ
  • 好奇心を持つ
  • 愛する
  • 幸せな人と付き合う

 

幸福は作り出すものなので、幸福になろうとしなければ幸福になれない。

意志があってはじめて、行為が行われ、それによって快楽がもたらされる。

好奇心こそが行動に結びつき、それが幸福という結果につながる。

敵対している相手にさえ、愛を差し向けることで幸せになれる。

幸福は周りの人の人生を幸福にする効果を持っている。

ラッセルの幸福論

【没頭する】

  • 没頭する
  • 熱くなる
  • 工夫する
  • 遊ぶ
  • 努力とあきらめ

 

没頭できることが見つかれば幸せになれる。

同じ物事を見たり、体験したりして生きるのなら、感動が多い方が幸せに決まっている。それは私たちの意思次第。

人間は工夫をすることで幸福を得ようと努める生き物。

遊んでいる時、人は幸せを感じるもの。

努力とあきらめの間でバランスをとることによって、幸福になれる。

ヒルティの幸福論

【信じる】
  • 信じる
  • 純粋な心になる
  • 勇気と謙虚
  • 働く
  • 不幸を受け入れる

 

信じる者は救われる。信じる者は幸福になる。

幸せになれないのは、純粋な心を失っていくから。人を疑ったり、憎んだり、欲を持ったりと。

強いのに謙遜する。この勇気があれば、人は本当の恐怖をはねのけ、幸福になれる。

充実感を覚えることのできる仕事を選び、また仕事の欠点をカバーするよう努めれば、仕事で幸福が得られる。

不幸が避けられない以上、そこから目をそむけていては、いつまでたっても幸福になどなれない。

エピクロス派

【楽天的になる】
  • いい加減になる
  • 流される
  • 靴を集める
  • ご褒美システムを作る
  • 「アメリカ人」になる

 

幸福になるためには楽観主義でなければならない。いい加減なくらいでいい。

自然な流れに従った者は幸福になり、さからった者は不幸になる。

2足のわらじによって精神的に逃げ道を作ることで、人は幸せになれる。

ご褒美をもらえると人は幸福になれる。

幸福になるために、アメリカ人のように夢は叶うと信じる。

タオの思想

【シンプルに考える】
  • 自然に従う
  • 生活をシンプルにする
  • 悩まない
  • 集中する
  • 時間を支配する

 

何もしないということを普通にできるようになれば、幸福の方から寄ってくる。

シンプルな生活の方が幸せになれる。

悩まないように工夫することで幸福になれる。

あれこれ気がかりなことがあるようでは、人は幸福になれない。だから集中する必要がある。

時間に振り回されることがなくなれば、幸福になれる。

アリストテレスの中庸

【ほどほどを心がける】
  • 60点主義
  • 節制する
  • 欲張らない
  • 健康でいる
  • よく寝る

 

ほどほどであることは、むしろ最善のことであり、幸福さえ得られる。

節制することで幸福になれる。

いかにすれば最も効果的に目的を達成できるか、うまく方法を選択することで幸福になれる。

幸福は健康な体に宿る。

意識をいったんリセットすることで、人はまた幸せに生きていくことができる。

パスカルの幸福論

【気分転換する】
  • 考える
  • 気晴らし
  • あえて周りを見ない
  • スイッチ思考
  • ハッピーアワーを設ける

 

自分の本質を知ることではじめて、どうすれば幸福になれるのかがわかる。

気晴らしによって、不幸からうまく目をそむけることができた人だけが幸せになれる。

想像しすぎて心配しない方が幸せになれる。

少し物事の見方を変えるだけで、不幸は幸福に変わる。

日常生活の中で、ハッピーな気持ちになれる「ハッピーアワー」を設けよう。

ショーペンハウアーの幸福論

【受け入れる】

  • 金銭欲を捨てる
  • 人との比較をやめる
  • 能力を受け入れる
  • 老いを受け入れる
  • 結果を受け入れる

 

幸福のためにはお金への執着を絶つことが必要で、それは意志の否定によって成し遂げられる。

人と比べることをやめ、自分の個性を生かして生きはじめるだけで、うんと幸せになれる。

自分の能力を受け入れた時、人は本当の幸福をつかめる。

酸いも甘いも含め、すべてがわかった時はじめて、人は幸福になれる。

幸福になるためには、どんな結果でも受け入れる必要がある。

プロタゴラスの相対主義

【相対化する】

  • 宇宙思考
  • 人生を直線と考えない
  • する=される!?
  • 幸福を計算する
  • コップの中の水を正しく判断する

 

宇宙規模で考えることによって不幸のサイズを相対化する。

人生は直線ではなく、ぐねぐね道だと思うと幸福になれる。

嫌なこともいいことだと思えれば不幸は幸福に変わる。

不幸になるのも幸福でいられるのも計算次第。

幸福になるには、量だけでなく質を考慮して正しく判断する必要がある。

公共哲学の視点

【社交的になる】

  • コミュニケーションをする
  • 外向的になる
  • 友達を作る
  • ケータイを捨てる
  • 社会貢献する

 

自分の幸福と社会の幸福をつなげないと、本当の幸福は得られない。

社会に積極的に働きかけることで、幸福をつかむことができる。

友人を作ることで幸せになれる。

テクノロジーのあり方を見直すことで、幸福が見えてくる。

自分にしかできないことで社会に貢献すると幸福になれる。

 

【関連記事】