れいちぇ

お悩み解決・ライフハック・まとめ記事

4つの肌タイプとお手入れ方法!間違ったケアで肌荒れしていませんか?

スキンケアガイドブック

まずは肌チェック!

  • 皮脂の分泌が過剰
  • 季節関係なくテカる
  • 毛穴が目立つ
  • Tゾーン中心に化粧崩れが気になる
  • 主にTゾーンにニキビができる

あなたは ➡脂性肌タイプです。

 

  • 水分と皮脂の分泌が低下している
  • 季節関係なくカサカサ
  • 粉ふき
  • 口元や頬にかゆみや赤みがある
  • 主にUゾーンにニキビや吹き出物ができる

あなたは ➡乾燥肌タイプです。

 

  • Tゾーンはテカる
  • Uゾーンは乾燥
  • 荒れやすく、ニキビや吹き出物ができやすい
  • 乾燥の気になる時と皮脂が気になる時がある
  • 肌の状態が不安定

あなたは ➡混合肌タイプ」です。

 

  • 水分と皮脂のバランスがいい
  • 季節によって多少の肌質の変化はあるが、比較的安定している
  • 肌が綺麗と言われることが多い
  • 化粧ノリ、化粧持ちは別に気にならない
  • 肌トラブルも起きにくく安定している

あなたは ➡普通肌タイプです。

スポンサーリンク

 

4つの肌タイプとケア方法

脂性肌(オイリー肌・オイリースキン)

10代の頃は水分量と共に皮脂の分泌も多く、ターンオーバーも活発な場合が多いです。

大人になってからの脂性肌は、表面は皮脂でベタベタしていますが、肌の内部は乾燥していて、皮脂の分泌を過剰にすることにより、肌を守ろうとしています。 

また、皮脂でベタついた肌にはホコリや汚れもつきやすいので、雑菌からのトラブルも考えられます。

 

肌を清潔に保つように心がけましょう。

ベタベタしている肌を不快に思い、洗うことに専念しすぎないこと。

1日に何度も洗顔料を使うと、余計に皮脂の分泌が過剰になります。

脂性肌タイプにおすすめのスキンケア化粧品

酵素洗顔

酵素が余分な皮脂や古い角質、黒ずみ汚れなどを取り除いてくれます。毛穴の奥まですっきりするのにつっぱることがありません。

角質ケアジェル

角質層に残っている古くて硬い角質をやわらかくしながら取り除きます。即効性があり、肌がワントーン明るくなります。

毛穴を引き締める効果のあるパック

医療現場で床ずれ部分の肌再生として効果を発揮していた炭酸治療を、美容に応用したジェルパック。自宅でできるパックで、ここまで肌が変わるものは他にはありません。

収れん化粧水

さらっとしていて、肌にすっと浸透していきます。肌の表面や毛穴をきゅっとひしきめて、中に潤いを閉じ込めます。

余分な皮脂の分泌をコントロールする美容液

過剰な皮脂分泌を抑え、テカりやべたつきを抑えてくれます。テカりやすい部分に塗ると化粧直しの回数が減り、皮脂でファンデーションがよれたりすることもなくなります。

乾燥肌(ドライ肌・ドライスキン)

水分量や皮脂の分泌量が低下し、肌表面の潤い保護膜やバリア機能が低下している肌です。

外からの刺激に敏感となり、化粧品や自分の髪の毛、衣類の摩擦などによってかゆみや赤み、ヒリヒリなどの原因になることもあります。

その刺激がニキビや吹き出物として表れてしまう場合も。

 

毛穴が目立たず、キメが細かくて肌がきれいに見える人が多く、皮脂が原因のTゾーンのメイク崩れには悩むことがありません。

逆に口元などの粉吹きや、乾燥していてメイクのノリが悪いと感じる方が多いでしょう。

乾燥肌タイプにおすすめのスキンケア化粧品

導入美容液

導入美容液の一塗りで化粧水の入りがグンと変わります。 導入美容液をつけたら間髪入れずに化粧水を使って下さい。蒸発しやすい化粧水をしっかりと浸透させてくれます。

保湿美容液

乾燥肌におすすめの保湿美容液。高濃度フコイダン配合で保湿効果はバッチリです。アトピー肌にも安心して使えます。

保湿クリーム

保湿だけでなくかゆみにも効果があるクリーム。乾燥やアレルギー、アトピーなどのかゆみにも有効。抗体入りダチョウ卵黄エキスが肌のバリア機能を高めてくれます。

目元用クリーム

透明のジェルクリームが目元に潤いとハリを与えてくれます。アイバックセラムでお手入れを続けると、目元の印象がガラリと変わります(目が大きくなったように感じる)。

マッサージクリーム

ジェル状のクリームで保湿力抜群。全身に使えるので乾燥が気になる場所に塗っておくと安心です。乾燥によるかさつきやかゆみから解放されます。

保湿マスク

洗顔後に10分間顔に貼るだけで手軽に保湿ができるマスク。使い続けるうちに肌の奥から潤うようになります。

混合肌

日本人に一番多い肌質です。

肌の部分によって肌タイプが混合しています。

皮脂腺が多く、皮脂の分泌が活発なTゾーンはテカり、目元や口元などの皮脂腺が少ないUゾーンは乾燥しているという肌です。

 

このタイプはトラブルの度合いが小さければ「普通肌」と認識され、トラブルの度合いが大きければ「混合肌」か、トラブルの違いによって「脂性肌」「乾燥肌」に傾きます。

混合肌は乾燥肌のケアと脂性肌のケアの両方が必要となってきます。

また、一番不安定な肌質ですので、季節の変化やストレス、体調などの外側からと内側からの原因にも目を向けて、ケアしないといけません。

混合肌タイプにおすすめのスキンケア化粧品

【Tゾーン対策】
酵素洗顔

酵素が毛穴の皮脂や汚れを溶かして落とします。ふわっふわのキメの細かい泡が気持ちよく、洗いあがりはさっぱりしているのにしっかりと潤います。

角質ケア化粧水

表面の古い角質を無理に落とすのではなく、肌の奥からターンオーバーを助けてくれます。使っていくにつれて肌のキメが整います。

毛穴を引き締める効果のあるパック

即効性があって使うとかなり肌が変わります。洗い流した後、毛穴がすっきりして肌がつるんとなめらかになります。

収れん化粧水

ヒマワリセラミドが肌の中に水分を閉じ込め、毛穴をきゅっとひしきめます。保湿とひきしめの両方が叶う化粧水です。

余分な皮脂の分泌をコントロールする美容液

Tゾーンのテカり対策用の美容液です。特にテカりやすい部分にたっぷり塗ると、化粧直しをしないで1日過ごせるくらい皮脂をしっかりと抑えてくれます。

 

【Uゾーン対策】
導入美容液

原液100%の美容液が肌の土台を整えてくれます。洗顔後すぐに導入美容液をつけると、その後のスキンケア商品の効果が倍増します。

保湿美容液

とろっとした美容液でカカオのいい香り(チョコレート好きにはたまらない)に癒されます。浸透力が高くて、肌をしっかり保湿してくれます。

保湿クリーム

韓国コスメなのですが、保湿力がとても高いクリームです。こってりとしているのに塗るとベタベタせず、肌がしっとりします。

目元用クリーム

透明のジェル美容液で肌にすっとなじんで目元にハリを出してくれます。塗った瞬間に目がぱっちりして違いが出ます。

マッサージクリーム

敏感肌でも使える乳白色のジェルクリーム。ベタつかず、肌にすっとなじみます。顔だけでなく全身に使えます。

保湿マスク

ナタデココでできたぷるっぷるのマスクです。密着力があり、つけたまま日常生活の作業をしても落ちません。肌はもっちりとなり、透明感も出ます。

普通肌

水分と皮脂のバランスが良く、肌トラブルの少ない健康的な肌です。

キメも整っていて、メイクのノリや持ちも良い。

この状態をキープしていくのが、お手入れのテーマとなります。

 

一見簡単そうな普通肌ですが、日本の場合、四季があり、気温・湿度・紫外線の状況も季節によって変わりますし、ストレス・生理・睡眠不足・食事などの体調も日々変化します。

 

肌の調子が様々な要因で傾いた時、どのトラブルや悩みが出やすいかによって、普通肌の中でも「脂性肌よりの普通肌」「乾燥肌よりの普通肌」「混合肌よりの普通肌」と分かれます。 

自分の肌の現状を理解し、季節や体調によって変化しやすい時の乗り越え方を自分なりに見つけることが大切です。

普通肌タイプにおすすめのスキンケア化粧品

【春夏】
角質除ケアジェル

角質ケアの商品を使い、肌のターンオーバーを整えると、さらに肌に磨きがかかります。

余分な皮脂分泌をコントロールする美容液

夏場にベタついたり、テカるようなことがあれば、オイルコントロール美容液で皮脂を抑えるようにしましょう。

 

【秋冬】
導入美容液

使用する化粧品の効果を最大限に引き出してくれる導入美容液。角質をやわらかくし、水路を作って肌を整えます。化粧水やスキンケア製品の浸透力が大幅に変わります。

保湿美容液

セラミド配合なのにお手頃価格な美容液。つけ心地はさっぱりしていますが、肌はしっとりと潤います。

保湿クリーム

濃厚なクリームなのに伸びがいいのでベタつきません。保湿力は高く、角質層のうるおいをしっかりと守ってくれます。 

 

【関連記事】