れいちぇ

お悩み解決・ライフハック・まとめ記事

魂がふるえたことはありますか?-感性を磨くその前にやるべきことがある-

感性と魂

感性とは

  • テクニックをいくら学んでも、感性がなければいいものは作れない。
  • 何かに触れ、何かを感じ、それを分析、言語化していく。
    それが感性を磨くということ。

 

才能を伸ばしたり、その方面で食べていきたい場合には「感性を持つ」ということは必須条件です。

また、感性を持つことで人生を豊かに彩ることもできます。

 

ただ、普通に生きていくだけなら、「分析」や「言語化」は・・・

あればベター、無くても大丈夫って感じですかね?

それでは「何かに触れ」「何かを感じ」という部分は・・・?

 

スポンサーリンク

 

生きていく上での必須条件

人間が生きていく上で、直接関係なさそうに見える“芸術”が存在し続けるのはどうしてだと思いますか?

それは人間が生きていく上で、絶対に必要なもの だからです。

 

Blue Moon

Blue Moon

  • ベック
  • オルタナティブ
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

『ロックの名言』の中でBECKは言います。

ホームレスをやってても

悲惨だって感じなかったね

僕には音楽があったから

いつも裕福だった

生まれた時からずっと

音楽はまるで食べ物のように僕を育んでくれたんだ

そう、生きる力を与えてくれるのです。

 

The Fight Song

The Fight Song

  • マリリン・マンソン
  • ロック
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

『ボウリング・フォー・コロンバイン』の中でマリリン・マンソンは言います。

ガキの頃 

音楽は逃げ道だった

音楽だけは決めつけをしない

服装が悪いとか言って

レコードは怒鳴らない

逆に肯定してくれる

そう、ありのままのあなたの存在を認めてくれるのです。

 

愛する人や家族、友達、仲間を心の支えに生きている人は多いと思います。

それは至極まっとうですし、そのまま周りの人を大切にしつづけて下さい。

 

しかし、時には大切な人たちを失うこともあります。

人間はいつか死にますしね。

そして、何かに向かってひとりで立ち向かわなければならない時もあります。

その時に何を心の支えとするか。

心の支えは何か

知人が東日本大震災の時に被災地で、エレファントカシマシの『悲しみの果て』を聴き続けたと言っていました。

悲しみの果て

悲しみの果て

  • エレファントカシマシ
  • ロック
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

この曲がある風景とない風景を考えてみる。

そうすると、この曲がどれほどまでに知人の心に寄り添って支えてくれたかが分かる。

 

私自身も、絶望するような人生を絶望せずに生き続けてこられたのは、音楽があったからだといっても過言ではありません。

 

以前の記事で心から愛されたことがない人のことを書きましたが

どうしても自分のことが好きになれない、認められない、または他人に自分を受け入れて欲しくて仕方がない、そういうことでもがき苦しんでいる人はいると思います。

 

解決策は「魂をふるわせること」

 

あなたの魂をふるわせる「何か」を探して下さい。

その「何か」がきっとあなたのすべてを受け入れ、傷を癒し、守り、再生させ、生きる原動力を与えてくれるでしょう。

 

魂をふるわせるような何かに出会うこと。

これは人間が生きていく上での必須条件。

具体的にどうすればいいんだよーという方へ

芸術という名の門を片っ端から叩いて踏み込んでください。

あなたの居場所も、あなたの心を捉えるものも必ずありますよ。