れいちぇ

お悩み解決・ライフハック・まとめ記事

【菌活】痩せ菌を食べ物で増やす方法・痩せ菌サプリメントで増やす方法

ヤセ菌デブ筋

 

スポンサーリンク

 

痩せ菌とは?

 デブ型ヤセ型

「あの人はたくさん食べても太らない。私は食べるとすぐ太る!」

「これって体質?それとも遺伝?」

実は太っている人と痩せている人には、体の中に大きな違いがあります。

それは「腸内細菌」

肥満の人に比べて、太りにくい人の腸内フローラ(腸内細菌叢)には「バクテロイデス」というグループの菌の数が明らかに多いことが判明しました。

腸内細菌の差は食事の内容が大きな要因となります。

 

食事 腸内細菌 体形
肉食で食物繊維が少ない ルミノコッカス型 太り気味
野菜中心で食物繊維が非常に多い プレボテラ型 痩せ気味
上記の中間 バクテロイデス型 太りにくい

痩せ菌があるとなぜ痩せるの?

痩せ菌のダイエットメカニズム

乳酸菌

腸にバクテロイデスなどの痩せ菌が多い ➡ 短鎖脂肪酸をたくさん作る

短鎖脂肪酸が働くと・・・

  • 腸内で腸管ホルモン分泌!
    ➡ インスリン分泌を高める ➡ 代謝アップ
    ➡ 食欲抑制
  • 血液とともに全身へ!
    ➡ 脂肪細胞のセンサーが感知 ➡ 脂肪の取り込み中止
    ➡ 交感神経のセンサーが感知 ➡ 全身の代謝アップ

腸内フローラに痩せ菌がたくさんいればいるほど、短鎖脂肪酸の「天然の痩せ薬」がたくさん作り出されます。

また、痩せ菌はエサがある限り、ずっと短鎖脂肪酸を作り続けます。

痩せ菌が作る短鎖脂肪酸の効果

プロバイオティクス

  • 新陳代謝アップ
    交換神経のセンサーに働きかけて代謝をアップ。
  • 食欲抑制
    脳に働きかけて食欲を抑えたり、満腹感を持続させる働きがある。
  • 脂肪蓄積の予防
    脂肪細胞のセンサーに働きかけ、脂肪の蓄積を防ぐ。
  • 免疫力の調整
    腸には体全体の免疫細胞の7割以上が集中しているため、腸内環境を整えることが免疫力アップにつながる。
  • アレルギー症状の緩和
    免疫細胞の暴走を抑え、過剰なアレルギー症状を緩和。
  • 大腸のバリア機能
    病原性のある細菌に感染するのを防いだり、感染したとしてもその毒素を体内に侵入するのを防ぐ。
  • エネルギー源
    短鎖脂肪酸そのものが、筋肉や脳などのエネルギーとして使われる。
  • 糖尿病予防
    「天然の痩せ薬」が肥満を改善する。

痩せ菌を増やす食べ物

痩せ菌を増やす食品

痩せ菌は食物繊維をエサとしています。

食物繊維は水に溶ける「水溶性食物繊維」と水に溶けにくい「不溶性食物繊維」の2種類があります。

どちらも大切ですが、水溶性食物繊維の方がより痩せ菌が増えやすく、短鎖脂肪酸を出しやすい傾向にあります。

  水溶性食物繊維 不溶性食物繊維
多く含まれている食品 海藻類・野菜・フルーツ類・いも類 穀類・野菜・豆類
繊維の形状 水に溶けると、ゲル状やねばねばの状態になる 筋状、糸状、ざらざらとした状態

痩せ菌を増やすためにこの食材を食べよう

ごぼう

不溶性3に対して水溶性2の割合でバランスがよい食材。
ごぼう茶なども有効。

大麦

水溶性食物繊維の種類はβ-グルカン。
糖の吸収を抑えて食後の血糖値を上がりにくくする。
ごはんに混ぜて主食として食べられる。

きのこ

水溶性食物繊維が豊富。
特になめこ・えのきだけには多く含まれている。
スープに入れるとたくさん摂りやすい。

オクラ

ねばねば成分が水溶性食物繊(ムチンという種類が多く含まれる)
生で食べたり、いためたり、スープに入れたりと色々な調理に向く。

海藻

表面のとろとろ部分が水溶性食物繊維(アルギン酸という種類が多く含まれる)
ひじきは水溶性食物繊維が海藻の中で最も多い。

らっきょう

フルクタンという水溶性食物繊維が豊富。
含有量は食品中トップ。
市販品を常備しておくのがおすすめ。

モロヘイヤ

ゆでて刻むとねばねば成分が出てくる。
葉物野菜なので、ゆでるとかさが減り、たくさん食べられる。

山いも

ねばねば成分が水溶性食物繊維(ムチンという種類が多く含まれる)
やまといも、自然薯でも同じ。
できれば生で食べた方が、ムチンの効果は高い。

アボカド

食物繊維が多く1個で約10g摂れる。
不溶性2水溶性1の割合でバランスがよい。
生でサラダの他、スープに入れてもおいしい。

納豆

食物性たんぱく質、ビタミン類、食物繊維も多く、腸内細菌を活性化させる発酵食品。

 

痩せ菌を増やすサプリメント

ウィルキラーDiet

1袋で痩せ菌が配合された乳酸菌が5兆個も入った「ウィルキラーDiet

スプーン1杯でヨーグルト12個分の乳酸菌の数になります。

粉末タイプなので、飲み物に入れたり、ヨーグルトに混ぜたり。

あと、熱にも強い菌なので料理にも使えます。

甘くて、ほのかにフルーツのような酸味もあって美味しいです。

くろしろ

くろしろ」の特徴は何といっても 活性炭。

炭の吸着力で腸の中をきれいに大掃除してくれます。

掃除をした上で、238種類もの生酵素や生麹、生酵母と乳酸菌で痩せ菌を活動させます。

便秘ぎみの人は「くろしろ」がおすすめ。

プレミアムスリムビオ

本当は食事で痩せ菌を増やしたいけど、なかなか摂れないという人には「プレミアムスリムビオ」がおすすめ。

トウモロコシからできている水溶性食物繊維やアガベイヌリンという植物、こんにゃくマンナンや納豆菌まで配合されています。

1袋に乳酸菌は1兆個ですが、他の配合物と合わせると痩せ菌を育てやすい腸内環境になります。

 

【関連記事】